2017/12/14

【AC克服体験】Step3 – 理想を求め行動する

 
GO!と書いた画像

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!

Step1で共感者ができ、Step2では自分の理解を深めましたね。
癒しが進むと、本来持つ自己実現欲求が芽生えてくると思います。次は、Step2で気づいた自分の理想を実現するために行動していきましょう。

参考記事:親のトラウマ克服Step2 – 内面を見える化する

 

アダルトチルドレンにとって行動することの意味

GO!と書いた画像

親や家庭にトラウマがあるかどうかに関わらず、人生の本質は行動です。あなたの中で知っているだけの状態や思っただけの内容は、この世界にとっては無かったことと同然になります。行動だけが人生を変え、世界を形作っていきます。

 

加えてアダルトチルドレンにとって行動することは、自信を取り戻すという重要な意味があります
自己否定にまみれた子供時代を過ごして、自己評価が非常に低いのがアダルトチルドレンの特徴です。

自分に自信を持つためには、自分で考えて行動し、成功体験を積むことが不可欠です

 

なので自分を理解してそこで満足するのではなく、今度は自分の人生をどうしたいか考え、自分の体を動かして作り上げていきましょう。

階段を上る人の画像

まずは指針を立てる

Step2であなたの「欲しいもの」や「拒否したいもの」を整理しましたね。

それらを得るために、これからどんな行動をしていけばいいですか?

どんな選択を集めれば、あなたの理想に近づくでしょうか?

 

これだけではイメージが難しいと思うので、なぜ行動指針を立てるのか、どのように立てるのかを、私の例でお伝えしますね。

 

なぜ行動指針を立てるのか①私の経緯

私はSrep2の自己分析を通じて、自分がとても死生観が強い人間だと気付きました。「人生は一度しかない」と強く感じる事でモチベーションが上がる性質を持っています。
このため、親の下で過ごした15年間の抑圧に非常に憤りを感じていました。

人生は一度しかないのに、しかも一番成長できただろう子供時代を、よくも無駄にさせてくれたな!

怒っているハムスターの画像

私の理想は、「失われた15年間分を取り戻して幸せになる」というものでした。

そのためには人の2倍も3倍も濃い時間を送らないと、一生追いつけない。
15年分の経験をとにかく速く回収したい!

短期間で、楽しいことも辛いことも、とにかく量を経験しよう。
全部糧にしよう。全部試してみよう。

こんな風に考えるようになりました。

 

なぜ行動指針を立てるのか②メリット

こうして傷つくと分かっていることでも飛び込む、するかしないか迷ったときにはする方を選ぶ、という行動指針を持つに至りました。
一言で言ってしまうとただのガムシャラ人間ですが、「ガムシャラ」という曖昧な言葉で終わらせず、躊躇したり迷いそうなときにどういう選択をするかを考えて言葉にするのが重要です。

 

この基準が自分の中で整理できていると、もし行動してみて失敗したり傷ついても、後悔せずに経験値として取り込むことができるようになります。
私の場合は「失われた15年間分を取り戻すためにやっているんだ。」という風に自分を励まして前に進むことができました。

ぜひ、次のワークに取り組んでみてくださいね。

 

【ワーク】行動指針を立て、実際に行動する

ノートの画像

  1. あなたの理想はなんですか?
    大項目(長期スパンでの大きな理想)と小項目(数カ月~1年程度で、こうなったらいいなという身近な理想)の両方を描いてみましょう。
    -理想のパートナーを得る、経済的成功、なんでもOK!
  2. 長期スパンでの大きな理想を実現するための、行動指針を言葉にしましょう。
    いちばん何を大切にして行動する?
    -休み休みのんびり、自分の成長、etc.
    迷いそうなときには何を選ぶ?
    -人に意見を聞く、とりあえずやってみる、etc
  3. 身近な理想に対して、取り組み内容を考えて行動に移してみましょう。
  • もし辛くなったり続けられないと感じたときには、2の大きな理想や行動指針に立ち返ってみてくださいね。

 

ポイント!何事もアップデートできます

自分の理想も行動指針も、一度立てたら変えてはいけないなんて事はありません。
もちろん頻繁に変えすぎるのは効果面でおすすめしませんが、人間は変化するものです。
変化を前向きに捉え、今の自分にそぐわないと感じるときには軌道修正してくださいね。

 

参考:私の行動指針と実行履歴

最後に、20歳頃の当時の私の行動指針と実際に取っていた行動を紹介しておきますね。今見ると恥ずかしい、けっこう普通の欲求に正直でした(ゲスいとも言う)。
もし自分の理想のイメージが付かないという場合は、参考にしてみてくださいね。理想は人それぞれです!

YouCanDoIt!と書いた画像

 

  • 大きな理想:15年分の人生のロスを取り戻したい
  • 行動指針:傷つくと分かっていることでも飛び込む、するかしないか迷ったときにはする方を選ぶ
  • 身近な理想と実行履歴(例):
    • 何としても親から物理的に離れたい。
      独り暮らしのため必死で受験勉強した。田舎から東京に行くのは怖かったけど、東京に揉まれないと15年を取り戻せないと感じ東京を選んだ。最初の1年は消耗して激やせした。
      (結果:30歳を過ぎて15年を取り戻した感を持てるように。人生を楽しめるようになった。)
    • 今の自分から変わりたい。
      過去と真逆の環境に身を置こうと、リア充集団のスポーツサークルに無理して入り撃沈した。会話はいつもしどろもどろ、運動音痴だし、分不相応で恥をいっぱいかいた。
      (結果:今以上にみじめなことは将来そうないだろうと思えた。精神がタフになった。)
    • 彼氏が欲しい
      親元ではおしゃれなんてとても興味を示せる状態ではなく、ファッションセンスゼロ。(友人に「場末のBBAみたいな恰好」と指摘された。)身だしなみに力を入れた。雑誌をスクラップして、安いお店で丸ごと真似した。雑誌の恋愛コラムも研究して実行した。自分の持つ、男性や恋愛のネガティブイメージを取り去る努力をした。
      (結果:試行錯誤の末2年後に彼氏ができた。)
    • 自分の対人スキルの弱さを何とかしたい。
      自分とは真逆の「人気者チャラ男(同僚)」に弟子入りした。堅物と散々バカにされたりパシリをやったりと、嫌な思いもした。
      (結果:彼のコミュニケーション力や人間観察力、物事の考え方を盗んだ。)
      ・・・

自分の人生に向き合うようになって来たら、次のステップは、親との関係の整理です。

次回はこのことについて書きますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ココロのコツnet , 2017 All Rights Reserved.