2017/12/14

【AC克服体験】番外編 – パートナーと幸せになる(1)

 
恋人がハートを持っている画像

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!

生きづらさの一つに、パートナーシップや恋愛がうまく行かないことを挙げる人も多いのではないでしょうか?
今回から3回に分けて、アダルトチルドレンの恋愛について書きますね。

さて恋愛の指向や結婚願望は人それぞれで、いろんな考えがあります。ここでは②③について解説します。
(①④の方は本記事では触れていないので、読まなくて大丈夫です)

  1. パートナーはいらないと感じる人
  2. パートナーは欲しいけど結婚願望はない人
  3. 良い人がいれば結婚したい人
  4. パートナーシップよりも結婚願望が強い人

※私の場合は夫と結婚に至りましたが、結婚自体は今の時代必ずしも必要ではないと思ってます(アダルトチルドレンかどうか関係なく)。これからの社会では②ベースの事実婚の方が増える気がしていて、全然いいと思っています。

アダルトチルドレンの恋愛での障壁

良くない家庭環境で育った人は、恋愛や結婚をうまく捉えられないケースが多いです。
恋愛拒否になったり逆に恋人に依存しすぎたり、極端になりがちで苦しむ人もいると思います。

パートナーシップ作りにあたって、アダルトチルドレンの陥りがちな状況と対処について、フェーズごとに(恋愛する前から後まで)書いて行きますね。

恋人がハートを持っている画像

恋愛する以前の課題

恋愛に対するマイナスイメージ

両親の夫婦仲が悪かった場合、子供は恋愛全般を嫌悪する傾向があります。
一番身近なロールモデルである両親が、「ああはなりたくないな」という悪い見本だったわけで、当然と言えばそうですよね。
「結婚に希望が持てない」「夫婦はとても良いものとは思えない」という体験から、恋愛拒否感や恐怖症に発展することもあります。

私も喧嘩の絶えない両親をずっと見てきたので、結婚なんて絶対ろくでもないと思っていた一人です。
わが家は特に恋人感覚をそのまま家庭に持ち込んでいる2人だったので(それが家庭失敗の一因でもあって)、恋愛さえもおぞましく感じていた記憶があります。

対処:マイナスイメージを取り去る

「夫婦=結婚=恋愛=ろくでもない」という刷り込みを覆すものに触れましょう。

私の中で一番効果があったのは、仲のよいカップルを目の前で見ることです。
ドラマなどではなく実在する人に実際に会うのがポイントです。
なるべく年上~親と同世代くらいまでで、素に近い場面で接してみてください(お酒が入ったり、自宅だったり、リラックスムードで)。

長い間連れそっている人たちをみると、「こんな素敵な関係もあるんだ」と希望を持てます。うまく行っているカップルからは、円満のコツを学ぶこともできます。

私の場合は大学卒業時に、教授がゼミの皆を自宅に招き、奥さんの美味しいパエリアをご馳走してくれました。
初めて自分の両親以外の夫婦の様子を見て、仲良いなぁと驚き感動したのを覚えています。
その後、会社の先輩夫婦(10歳上、15歳上)と食事をしたり、彼氏のご両親(30歳上)と接する中で、「世の中、必ずしも不幸な結婚ばかりではない」「運悪くうちの両親が不仲だっただけなのね」と考えられるようになりました。

自分次第でパートナーと幸せになれるなら、と恋愛も結婚も前向きに捉えられるようになります。

寄り添う男女の画像

いざ恋愛するにあたっての課題

恋愛に前向きになっても、次の課題があります。アダルトチルドレンに固有な、自己肯定感の問題について紹介しますね。

自己肯定感が低くてモテない

恋愛の入り口である「モテる(好かれる)」に最低限必須な要素は2つあります(私の持論)。

  • ルックス
  • 自己開示

幼少期に親から外見に関する罵りを受けたり、(母親から娘にありがちな)オシャレを否定、女性性をけなされるような経験をすると、ルックスに自信がなくなる&ルックスを磨くことに嫌悪感を持つようになります。私もこの状態でした。

そして、自己開示ができない課題もあります。
人間は知らない物を好きにはなれません。知らない物には不安を感じます。
つまり、あなたがどんな人なのか、危険人物ではないことや相手にとって好ましい面があるということを、相手に知ってもらわないとモテないわけです。

アダルチルドレンは、基本的に意見や感情を押し殺して生きてきた人なので、こういった自己開示がとても苦手です。私もとにかく寡黙で、周りから「何を考えているか分からい」と言われることが多く、とっつきにくい人間でした。

一人ぼっちの画像
この2つは、自己肯定感の低さの現れでもあります。
前向きに恋愛をしていくためには最低限、これらを良くする努力をしましょう。

対処1:外見を磨く

私が具体的にやったのは、ファッション雑誌のモデルの猿真似です。
メイクも服も髪型も、知識ゼロでどうにかできるものではないので潔く真似しました。
今だとインスタで勉強できるし、プチプラコーデ/コスメの情報もたくさんありますよね。

真似するうちに、自分に合う・合わないが分かってきます。

そして大事なのは、努力が相手に伝わること。常にスウェットの相手からは、「こいつやる気あんのか?!」という印象しか受けませんが、相手が試行錯誤しているのが分かると嬉しくなりますよね。
頑張ってる人は好ましいです。応援したくなります。
今はダサくても期待も持てますw

大事なこと2点目は、努力により自信がつくこと
私の考えでは、自信があるだけで外見は3割アップします。
自分なり今のベストを出してるぞ!と感じられると、より魅力的になると思います。

洋服とマネキンの画像

対処2:相手を信じて自分の話をする

自己開示の一番のカベは、相手を信じられないということです。
親とのコミュニケーションが辛かった人は、「これを言ったら怒られる」「揚げ足を取られて責められる」という恐怖から、口を閉ざしがちになります。

まずは、相手が親とは違うこと、理不尽に責められるなんて滅多にないことだ、と信じましょう。

その上で、「何を話していいのか分からない」という場合は、

  • あなたの好きなもの
  • 時間のあるときの過ごし方
  • 最近嬉しかったこと
  • おいしかったもの
  • 知り合いのいいところ

こんな観点で話題を探してみてください。
「好き・良い」と感じるものを中心に。
相手は、あなたがどんな人かわかると安心します。

握手を向ける女性の画像

ちなみにこれら2つをクリアした次のステップで、「相手の欲しいものを与える」というモテ要素もありますが、まずは最低限必須な「ルックス」と「自己開示」を良くしてみてくださいね。
これらはアダルトチルドレンにとって痛手なケースが多いので!

 

長くなりましたので、続きは次回に。
次回は人選ミス、「親と似た相手を恋人に選んでしまう」という課題について書きたいと思います。

関連記事:親のトラウマ克服Step番外編 – パートナーと幸せになる(2)

関連記事:親のトラウマ克服Step番外編 – パートナーと幸せになる(3)

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ココロのコツnet , 2017 All Rights Reserved.