2017/12/14

【AC克服体験】番外編 – パートナーと幸せになる(2)

 
運命の赤い糸の画像

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!

アダルトチルドレンが恋愛で陥りやすいこと。
前回記事では恋愛以前の考え方や自己開示について書きました。
今回は、パートナー選びで失敗しがちな点と、パートナーシップで起きがちな問題点を書いて行きます。

いざ恋愛するにあたっての課題(前回の続き)

親と似た相手を選んでしまう

恋愛の機会があると、なぜか、親と似た人を恋人に選んでしまう現象が起きます。

  • 自分を蔑む人「お前はダメだな」「バカだな」
  • 支配する人「言う事を聞いてればいいんだよ」
  • 暴力的な人(物理的に殴るなど)

あんなに嫌だったのになぜ?
それは、「経験したことがある」という事実に、とりあえず安心してしまうからです。

考えている女性の画像

アダルトチルドレンは自分を否定されると、実はどこかで安心しています。
傷付くと同時に無意識で「あ、これ知ってる。あのパターンだな!」となっている。
潜在的に、懐かしさや親しみのようなものを感じ取っている状態です。

不幸な自分が通常運転。悲しみは友達。安心する
この思考回路では、相手にひどいことを言われても「この人は私に心を開いているから、辛口の本音を言ってくれてるんだ!」と捻じ曲げて捉えます。
ひどい仕打ちイコール愛だと、脳が誤認し続けているとも言えます。

反対に、親とは真逆の温かい人はどうも信用できません。
「こんなにダメな自分を断罪しないなんて、この人は腹の中で何を考えているかわからない」
「私のことは興味がないから、叱ってくれないんだ」
「この人は私がダメ人間だと分かってない・私を理解していない」と感じます。

せっかく「本当に良い人」との縁があっても、誤解のまま自分から避けてしまうなんて悲劇です。
こうして文字にしてみると改めて、親から子供への心への影響は計り知れないです。

家族のアイコンと青空の画像

対処:親と真逆の相手を選ぶ

最初に断りを入れると、親と真逆の人が必ずしも良い人というわけではないです。
外面だけいい人もいますし、親とは別の仕打ちであなたを苦しめる人も中にはいるかもしれません。
※親がそうでなかったとしても、浪費家や浮気性、暴力のある人はもちろん避けるべきです。一般論として。

それでも、迷ったら「親の逆」で考えてください。

  • 夫婦仲が良い両親で育った人
  • (母親がヒステリーなら)とにかく穏やかな人
  • (父親が批判的なら)基本、肯定的な人
  • (自分がネグレクトされたなら)大人によく話を聞いてもらって育った人
  • (過干渉されたなら)子供としても尊重されて育った人
  • (罵詈雑言を浴びたなら)優しい物言いで育った人

真逆の環境で育った人には、自分にはない愛やパワーが備わっています。
ありがたく触れ、自分の中の「ひどい仕打ちイコール愛」の誤解を解いていきましょう

恋人関係になった後の課題

運命の赤い糸の画像

素敵なパートナーと巡り合っても、その後の関係構築や維持もアダルトチルドレンにとっては難しいものです。自分と相手のギャップを中心に、トラブルと対処を紹介していきますね。

「要求」と「対応」のギャップにイライラする

恋人に限らず、人間関係全般に言える事です。

  • ちょっとしたお願いごとが言いづらい
  • そもそも口で言わなくても察してほしい
  • 察してくれない相手にイライラ、キレてしまう

とか

  • 私は相手のリクエストは基本断らないようにしている
  • なのに、相手は私のお願いを「できない」と言うときもある
  • なんで私ばかり?イライラし、キレてしまう

など。
思い当たることはありませんか?

親や周囲を察して生き延びてきたあなたは、日常生活ではいつもアンテナを立てて、「相手の気持ちを伺い」「先回りして行動する」のが当たり前です。
テニスの試合のボールパーソン(球拾いしている子供)みたいな感じですね。
そしてあなたは、人間は全員そういうものだと思い込んでいます

ここが間違いです。重要です

対策:アンテナを捨てる

人間、日常では他人を伺ったりせずに、自分の志向で行動する方が圧倒的に多いです。
※「日常では」→仕事やミッションでは話は別。
なぜならそういう日常を家族と過ごしてきたから。ここがあなたと決定的に違います。

そして恋人は「日常」を共にする人なわけで、日常ぐらいリラックスなわけです。
少なくとも、あなたほどアンテナを立てて臨戦態勢などではない。

言い方が悪いですが、要はみんな真っ当に自分勝手だということです。
アダルトチルドレンにとっては驚愕ものの自己中が、日頃の暮らしでは「普通」なんです。
むしろあなたにとっての「普通」が、世の中では「過剰要求・過剰反応」の部類。

相手からすると、求められすぎたり気を遣われすぎたり、あなたはずいぶん振れ幅の大きい人に映ります。「解せぬ」なのです

そこまでしなくていいから、そんなに求めないでよ。楽に行こうよ。
相手はそんな風に思っています。

あなた自身も、最初からそういう性質だったわけではないですよね。
家庭という戦場を生き延びるためにやむを得ず「過剰要求・過剰反応」を身に着けたわけです。
普通の日常生活では、その武装はもう必要ありません。
武装解除して、身軽に、何事にもフラットに対応して大丈夫です。

 

このことを理解して、アンテナを捨てましょう。
なにかあれば言う。言葉にしないものに理解を求めない。
あなたも必要以上に相手の腹を読もうとしない。
でも必要なことはうやむやにせず、とことん話す。

こう意識して過ごすことで、不要なイライラや怒りがぐっと減りますよ。

 

いかがでしたでしょうか?

次回はアダルトチルドレンの恋愛障壁、「愛」を混同してしまう話について書きますね。

関連記事:親のトラウマ克服Step番外編 – パートナーと幸せになる(1)

関連記事:親のトラウマ克服Step番外編 – パートナーと幸せになる(3)

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ココロのコツnet , 2017 All Rights Reserved.