2017/12/14

【AC克服体験】番外編 – パートナーと幸せになる(3)

 
向かい合う恋人の画像

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!

アダルトチルドレンの恋愛について、3回目は恋人関係になった後の課題について書きます。
いろんな愛を区別できずに、恋人に全部求めすぎて失敗しがちという話です。

関連記事:親のトラウマ克服 – パートナーと幸せになる(1)

関連記事:親のトラウマ克服 – パートナーと幸せになる(2)

 

恋人関係になった後の課題(前回の続き)

愛を混同して相手に求めすぎてしまう

多くのアダルトチルドレンは、これまでの人生で対人関係をうまく築けず、いろんな愛が欠乏した状態にあります。

・友達との「友愛」
・恋人との「性愛」
・親からの「親子愛」
・家族間の「家族愛」

なので、いざ恋人ができるとあらゆる愛を混同して、相手にぶつけたり求めたりしてしまいます。

ハテナマークの犬の画像

  • 本来は友達とするような話をしてしまう。
    [問題点]相手の興味以内/理解できない話題に共感を要求
  • 完璧な男女愛を確信したい。
    [問題点]無駄に愛を試す発言や行為
  • 相手に母性だけを求めて甘える。
    [問題点]相手にとっては(男性なら)性的な接触は拒否・ただ甘えたいのが理解不可/(女性なら)「私はあんたのお母ちゃんじゃないよ」と思うなど⇔あなたは「拒絶された!」と感じ落ち込む。誤解やズレ
  • 絶対に幸せな家庭がほしい、自分は親のように失敗したくない、という気持ちが強すぎる。
    [問題点]重い/時期尚早

こんな風に、ほしい愛がたくさんあって、一つ一つの欲しい度合いも大きいわけです。
すると相手に「ひとり何役も」役割をさせて、それぞれヘビーな要求をしてしまうことになります。

足りないものが多すぎるあなたは必死です。あなたが悪いわけではありません。
でも相手からすると、何でもかんでも身に降りかかってくるので正直困ります。


さっきまで恋愛コミックの良さを力説していたかと思えば、理想の結婚ってある?と聞かれて急でビビる。

ぎゅっと抱き付いてくるので、キスしようとするとパンチされる。わけわからんのです。

愛しているか執拗に確認される。別れようと頻繁に言われる、理由は言ってくれない。
別れても結局また付き合う。→最初に戻る。混迷を極めます。

恋人を万能選手のように捉えて、結果的には振り回していませんか?
心あたりがある場合は、何をどう埋めていくかを計画的にコントロールしましょう。

ノートに書いている画像

対処:「場」を分散する

具体的には、自分の目的ごとに適する「場」をいくつか持つことです。
あなたも経験があるかもしれませんが、例えば「温泉に行ってきた」という些細な話題でも、

  • Aさんは旅行好きだから、Aさんに話したら楽しい話ができそうだなぁ。
  • Bさんはそうでもないし、なんかお土産ないのが気まずい気がするなぁ・・・。

なんて一瞬で考えて、Aさんだけに話す。これに近いことです。
人はコミュニケーションに目的を持ちます。そして目的ごとに、適した相手を選び分けています。

多くの人は自然とこの技を身に着け、自分の「場」(コミュニティと呼ぶ方がわかりやすいですかね)をいくつか持ちます。ある場では適さないことも、違う場では理想の結果が得られる。これが場の分散です。

コミュニティの画像

これまではとにかく自分の身を守ることに必死で、人間関係そのものを考察したり磨く機会が少なかったと思います(でも必ず挽回できます)。
この分散をできるだけ早期に、意識的に取り組んでみてください。

  • 趣味を共感してもらう場なら、SNSやWebサービスで十分楽しめます。
  • 結婚観や人生観を探りたいなら、考えの近い、姉御肌/兄貴分な先輩が良いでしょう。
  • 自分の過去を吐き出したいときは、似た境遇の理解者が一番良いです。

このあたりを分散するだけで、恋人とあなたの間にはだいぶ余裕ができ、2人の関係を育むことに集中できるようになります。

 

ポイント

とはいえ、どうしても親に近い愛情を相手に求めたいときがある。
親から受ける無条件の愛は、代替が少なく、親以外から受けられる機会がなかなかありません。
親子愛の画像

なのでどうしても、恋人に求めたいときが出てきます。
実は私がそうだったのですが、その時は思い切って先に恋人にその旨を伝えました。

  • 自分の家庭環境が良くなかったこと
  • 親の愛情不足で、時々寂しがりなこと
  • たまに意外に甘えると思うけど、黙ってヨシヨシしてくれればいいこと

あらかじめ言うことで、相手はあなたのことを理解し対処もできるようになります。
そして、できる限りの協力をしてくれるようになります。

※ちなみに、あえて言わなくても汲み取ってくれる仏のような人もいるかもしれませんが、夫は口で言ってナンボの人でした(笑)

相手があなたの親とか関係なく「あなた」を見てくれるのと同じで、あたなも相手に自分の親や家族の役割を重ねたりせずに、相手を尊重しましょう。

向かい合う恋人の画像

いかがでしたでしょうか?
心当たりのあるケースでは、ぜひこの記事の内容を思い出して対処してみてくださいね。

 

アダルトチルドレンの恋愛に関するシリーズは、いったん今回で締めます。
もし「こんな場合はどうするの?」という疑問があれば、ブログで書きますのでぜひお問い合わせからご連絡ください。

結婚や子育てにおいても、アダルトチルドレンならではの感覚や考察があります。
おいおい、書いていきますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ココロのコツnet , 2017 All Rights Reserved.