“コミュ障”は実はコミュニケーション能力がある

 

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!

こんにちは、ここみです。

今日はコミュ障に悩む人には明るい話です。
逆説的ですが、コミュ障って実はコミュニケーション能力があるんですよ。

会話を楽しむ女性の画像

どういうことかと言うと、

本当にコミュ力が無い人っていうのは、自分がそうだとは一切気付いていないからです。

 

おしゃべり好きでコミュ力が無い人(自覚がない人)は、なかなか厄介です。

 

えっ?

そんな人いるの?

って思うかもしれませんが、身近にこういう人はいませんか?

  • 仕事中の雑談で、こちらはそろそろ切り上げて作業をしたいのに、察知せず延々と話しかけてくる方
  • 「場を和ませるため」の「いじり」として、ターゲットに対して感じ悪い指摘を繰り返す人
  • 話し方が支離滅裂で難解、しかし聞き返すと「だ~か~ら~!」とイラつく方

うるさいと耳をふさぐ画像

こんなやり取りは完全に駄目なやつです。

こういう人たちは、自分はマトモだと思っています。
自分のコミュニケーション力で悩んだり落ち込むことなんて、露ほどもないんですよね。

 

 

話を戻して、コミュ障は少なくとも
「自分はなんかしらマズイ」と自覚しているぶん、
コミュニケーションの素質は十分なのです。

 

コミュ障は

  • 自分を客観的に見ている
  • 自分と他人の違いに気付いている
  • 自分の至らない所を認めている

わけですから。

「コミュ力が高い」というイメージの誤解

ここで、コミュニケーションで大事なことって勘違いされがちなので質問です。

あなたは「コミュ力が高い」と聞いて、どんな人をイメージしますか?

・お笑い芸人
・テレビ番組のご意見番やMC
・女子会をよく主宰している先輩
・SNSでフォロワーの多いアカウント
または、
・学生時代いつもクラスの人気者だった子

が浮かぶかもしれません。

では、彼らはなぜコミュ力が高いのでしょう?

 

この答えはめちゃくちゃ重要です。
見る前に考えてみてくださいね。

 

 

ここで
・喋りが面白いから
・頭の回転が速いから
・容姿がいいから

こんなイメージを持っていたら、ぜひ続きを読んでください。

 

答えは、

・相手の求めるものを提供しているから

なんです。

 

芸人なら「笑い」を、

女子会ホストなら「美味しいお店や楽しい話題」を、

SNSマスターなら「フォロワーが喜ぶ情報」を、

 

相手に与えているから、相応のものが返って来て、コミュニケーションが成り立っている。

 

コミュニケーション上手と聞いてイメージしがちな

「喋りの面白さ」や「賢さ」や「洗練されたメイクやファッション」は、

相手に与えるために鍛錬した中で、結果的に身に付いた付随的なものなんです

決して「話が上手い」のが目指す姿ではないわけです。

例えば、先の例であげた

  • 仕事中の雑談で、こちらはそろそろ切り上げて作業をしたいのに、察知せず延々と話しかけてくる方

この方がもし面白おかしく話すのに長けていたとしても、聞く相手が今それを望んでいなければNGですよね。

コミュニケーションとは「相互に」「円滑に」

コミュニケーション上手イコール話上手、ではないのは分かった。

けど、では、コミュニケーション能力とはそもそも何か?

この言葉はいろんな使われ方をするので、定義を今一度確認しましょう。

コミュニケーション能力

社会生活において、他者と円滑に意思の疎通が行える能力。コミュ力(りょく)。
-デジタル大辞泉より

意思疎通

互いに考えていることを伝え、理解を得ること、認識を共有すること、などの意味の表現。意思の疎通。コミュニケーションとも言う。
-Weblio辞書より

 

ね。言葉の定義にも、喋りの面白さや返しの速さの要素は一切ないです。

「相互に」「円滑に」なにかを共有するための営みがコミュニケーション。

 

この定義からも、コミュニケーションで大事なのは

「相手の求めるものを提供すること」

というのが分かりますね。

手から手へハートを渡す画像

コミュ障=つまり「相手の求めるものを提供するのが苦手」な原因とは?

ここまでの話を受けて、自分はどうしてコミュ障なんだろう?と感じたあなたは感性がとても鋭いです。

コミュ障とはつまり、「相手の求めるものを提供するのが苦手」なわけです。

この原因は、以下のように分けられます。

ハート面の問題

  • 相手への奉仕/ホスピタリティがあること
  • 自分が安定していること(焦りがない/過剰な承認欲求がない)

スキル面の問題。

  • 知識やボキャブラリがあること
  • 会話の「型」を知っていること
  • トーンや表情や活舌を体得していること

いかがでしたでしょうか?

自分の課題はここかも!

と思う部分があれば、チェックしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
毒親体験/アダルトチルドレン克服/生きづらさ解消のための「心」にまつわる発信をしています。働く二児の母!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ココロのコツnet , 2018 All Rights Reserved.